top of page

英検英作文書き方のコツ 背景知識④

更新日:2020年5月22日


英検の試験で出題される英作文の書き方のコツ(ノウハウ)として以下の様なものが挙げられます。(以下中段まで飛ばしてお読みいただき、後半の英文のみご参考にして頂いても構いません。)


1) 英作文全体の一般的な構成を習得し、その構成の通りに英文エッセイをまとめる。

2) どんなトピックが与えられても汎用的に使えるテンプレートを学び、そのテンプレート

 を活用して英作文を書く。

 (内容にもよりますが、テンプレートは長い方が有効です。長いテンプレート活用により

  短い時間で英作文を仕上げることができれば、英検試験で重要な理想の時間配分に近づ

  けることができます。

  又、テンプレートに下記の4) =語彙 や 5)=文法という英検英作採点基準で評価を上げ

  る要素が含まれていればより効果的です。)

3) 英作文の内容は必ずしも自分の意見でなくても構わない。自分で書くことのできる内容

  にする。

書くことが思い浮かばない時はトピックと共に与えられるポイントをヒントにすること

  もできる。(英検1級、英検準2級、英検3級などポイントのない級もあります。)

4) 英作文の中に少し難し目の語彙をいくつか散りばめる

  (但し、減点されない様に自信のある語彙を使う)。

5) 同じ表現や単語を繰り返し使わず、多様な構造の英文を書く。級にもよりますが、英検1

 級、準1級など上級者用には無生物主語、分詞構文、関係副詞等を用いると英語らしく、

 且つ、文構造の多様化にも役立ちます。

などがあります。


これらのコツ(ノウハウ)をマスターすることが、英検英作文試験対策として重要です。

効率的な英検英作文対策の勉強法の一つとしてご参照下さい。


一方で、英検英作文の採点基準は a) 内容、b) 構成、c) 語彙、d) 文法 の4つです。


今回からはコツやノウハウに比較的頼りにくい英検1級、英検準1級など英検上級合格を目指す方の英作文の内容対策として、英検英作文のトピックになりやすい社会性の高い話題の英文を紹介してみたいと思います。



ドイツ平和主義(続き)


To Germans, the idea of "war" became synonymous not with guns and tanks, but with sudden and complete eradication of their country.


Peace was the ultimate value. Brandt's chief strategist, Egon Bahr, cautioned the Polish freedom movement in 1982 : "The self-determination of the nation must be subordinated to the preservation of peace."

前回からドイツの平和主義に関する文章を引用致しています。


英検1級過去問題のトピックでは国際政治等に関するものが頻出しています。

英検準一級過去問題トピックでは、日本に関する社会的事象のトピックが多いですね。


ドイツの状況は一部日本に似た部分もあると思われ、背景知識としては参考になると思います。

二次試験対策にもなり得る面があると思います。


様々な文章を読み、背景知識を豊かにすれば、英検英作採点基準の「内容」部で高得点を狙う事ができそうです。



英検英作文専門添削教室は、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としております。 講師は英検の英作文添削のプロが行なっております。費用は英作文添削にかかるだけ。入会金・維持費・その他一切の費用は不要です。


Comments


bottom of page