top of page
検索

英作 書き方のコツと英文内容⑥

英検で出題される英作文の書き方のコツ(ノウハウ)として、

1) 英作文全体の構成を習得し、同構成の通りに英文を書くこと

2) 汎用的に使えそうな表現のテンプレートを学び、そのテンプレートを英作時に生かすこ

  と

3) 少し難し目の語彙をいくつか散りばめること

 (但し、減点されない様に自信のある語彙を使う)

4) 必ずしも自分の意見でなくとも良いので、各自の英作力で書ける内容にすること

5) 同じ表現、語彙を繰り返し使わない(多様な構造の英文を書く)

等があります。


このうち1) の構成で、通常は最初に自分の意見を述べ、その後、その意見を裏付ける理由を記載します。


理由を思い浮かべられない時に役立つのが、テンプレートや課題で与えられるポイントです。


テンプレートについては、今までに多くを記載致しましたので、そちらをご参照下さい。


ポイントについてですが、例えば準一級の過去問題を見ると "COST" がポイントに含まれていることが多いようです。


英作試験対策として、コストを下げる要因を英語で表現する練習をすれば、意見裏付けの理由を考えたり、記載するのに役立つと考えられます。


例えば2018年1月の準1級の過去問題でのトピックは

"Will humans live on other planets someday ?"

です。


やはりポイントに "COST" が含まれています。


上記のトピックに対し、仮に "YES" の立場だとすると、


Technological advancement will surely lower the cost to go to other planets and live there in the near future, which will make it more likely for some priviliged people to do that in real life.


cost を下げる要因を予め準備しておけば理由を考えたり、記載することが少しは易しくなるのではと思います。

特に技術革新はコスト低減要因として幅広く使える理由だと思われます。


英検英作では時間配分が非常に重要で、与えられた短い時間で英作を完成させる為には、

内容で悩んで時間を浪費させることは避けなければなりません。

予めの準備・練習が大切です。

              

  

https://www.eiken-eisaku.com/




英検英作専門添削教室は、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としております。 講師は英検の英作文添削のプロが行なっております。費用は英作文添削にかかるだけ。入会金・維持費・その他一切の費用は不要です。

Commenti


bottom of page