top of page
検索

英文構造のバリエーションを増やそう            (分詞構文)

英検英作文の4つの採点基準のうちの一つが「文法」で、この基準では英文構造が如何にバラエティに富んでいるかが問われます。


英文構造のバリエーションを増やす手段の一つに分詞構文があります。

この様な英文を利用して、この採点基準(文法部)で得点アップを目指すのも一つの英検英作文対策と言えるでしょう。


例文を紹介致します。


接続詞のandやthoughなどで単に文を繋ぐよりも英語らしくなる効果もあります。


・Craving talent and growth, companies expand outside the areas.

crave 「求める、切望する」


 人手を求めて、又は、成長する為の市場を求めて外へ向かう。

 現在の状況にマッチした内容の文章ですね。


・Driven by a limited pool of skilled workers and the ballooning cost of living in their home

bases, the companies are aggressively taking their talent hunt across the country.

これも人材獲得の為に全国を駆け巡る感じがよく出ている文章です。


limited (過去分詞)や ballooning (現在分詞)も使われています。



https://www.eiken-eisaku.com/





英検英作専門添削教室は、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としています。

講師は英検の英作文添削のプロが行なっており、ご提供する資料も豊富です。

費用は英作文添削にかかるだけ。入会金・維持費・その他一切の費用は不要です。

bottom of page