top of page
検索

英文構造の多様化(無生物主語⑦)

英検英作文の書き方を記した参考書やHPなどで、「I」や「We」を主語にした文の多用は避ける様に助言していることが多い様です。


その為にも無生物主語は有効に使うことができます。


例文に多く触れれば、書き方も身についてくることと思います。

英語らしく、又、英作文での高得点を狙える構文として効果がありそうです。


・A growing scarcity of workers will cause businesses to automate more activities and

accept more immigrants.

最近何かと話題の人手不足と移民受入れを絡めた文章です。


 automate more activities / accept more immigrantsの並記も参考になると思います。



・Their presence serves as a reminder of past horrors born of intolerance and of the

democratic gains that they want to preserve.

presence 「存在」 うまく使えると英文の幅が広がる語彙です。

 英検英作文の採点基準の一つである「語彙」部での得点アップにも効果が見込めます。


intolerance 「不寛容」



・What spurred senior U.S. officials into action ?


spur 「駆り立てる」



https://www.eiken-eisaku.com/





英検英作文専門添削教室は、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としています。

講師は英検の英作文添削のプロが行なっており、費用は英作文添削にかかるだけ。

入会金・維持費・その他一切の費用は不要です。

bottom of page