top of page
検索

英検英作文の採点基準:構成②


前回英検1級の構成について記載しましたが、英検準一級でも考え方は同じです。

 

意見裏付けの理由は二つで、単語数が少なくなりますから、

①意見表明(約15-20単語)、②理由a) (約45-50単語)、③理由b) (約45-50単語)、④結論(約15-20単語)。 以上で計約130単語となります。


こちらもあくまで目安にすぎませんので、意見表明と結論の単語数をもう少し増やして、理由の部分を短めにするなど柔軟に対応しましょう。


2018年度第1回目の英検準1級過去問題のTOPIC "Is it acceptable to keep animals in zoos ?"を例にとると、①の意見表明で動物園での飼育は認められるべきか、又は、考え直すべきか自分の考えを述べ、理由は各々First of all, Secondly等を文頭にして述べてもよいでしょう。

最後にIn summary等で締めくくります。


内容に関することになってしまいが、グレーゾーンの意見は避けて、明確に許容の範囲なのか、改善・禁止すべきなのか、立場をはっきりとさせた方が書きやすいと思います。





https://www.eiken-eisaku.com/





英検英作文専門添削教室は、英検英作文添削に特化したサービスで、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としております。

講師は英検の英作文添削のプロが行っております。

費用は英作文添削にかかるだけ。入会金・維持費・その他一切の費用は不要です。

bottom of page