top of page
検索

英検英作文の書き方のコツ 英検二級⑲

シリーズとして、英検二級の英作文に焦点を当てて、英検英作文の採点基準を参考に、その書き方のコツ・ノウハウを記しています。

英検英作文対策用の勉強法の参考になればうれしく思います。


前回までに、採点基準の1)内容の面から英作文の書き方を記しました。

要約すると、英作文の長さを80 - 100語彙前後にする、グレーな意見は避け、分かり易く、必要に応じて具体例を挙げながら(for example や such as 等を利用)、説得力のある英文にすることを推奨しました。


又、英検二級の過去問題で課される、英作文の"TOPIC" は以下の二つの頻度が高いことを紹介しました。


・環境に関する事(過去問題2019年第3回、2018年第2回、2018年第1回)

・仕事に関する事(過去問題2019年第2回、2017年第1回、2016年第3回)



その後、採点基準の2) 構成について4つのパラグラフの語彙数・内容の概略を記載しましたね。


そして、英作文を構成するパラグラフごとにテンプレートを紹介し、前回までに意見裏付け理由を記載する第二・第三パラグラフ用の5つのテンプレートを活用しながら、英検二級過去問題の英作解答例を引用して英文解説を行いました。


上記に加えて、二つの頻出するトピックに合せたテンプレートとして、まずは環境保護のために自分ができることは何であるかの観点から、 "reduce waste" を用いて、英検二級過去問題出題のトピックを仮定して、英作文例を記載しましたね。


次に、もう一つの頻出トピックである仕事に関する課題に移り、英検二級の過去問題の傾向から、まずは「残業を余りすべきではない」" should not work overtime too much" や「家族との時間を増やす」"spend more time with one's family" を英検二級の過去問題トピックを仮定して活用しました。


更に「仕事」に関するトピック対応の最後として、収入以外の仕事の目的をテンプレートとして準備しておくことをお勧めし、例えば、 "helping people is more important than getting a large income" の活用例をお話ししました。


最後に英検二級英作文の最終第四結論パラグラフの書き方です。


このパラグラフの書き出しは、"In conclusion", "In summary", "For the above two reasons" 等が便利です。


その後 "I firmly belive that・・" (・・・部は第一パラグラフで述べた自分の意見)と続けることができます。


英検協会の英作文解答例において、上記の表現が使われています。


例えば、英検二級 2019年第3回の過去問題トピックである、Some people prefer to buy food produced in their local area. Do you think more people will buy locally produced food in the future ?" に対する解答例の第四パラグラフは以下の通りです。


"In conclusion, I think locally produced food will be bought by more and more people in the future.


このテンプレートは以下の点で優れています。


・英検英作文採点基準の「語彙」部で得点アップを図れる(in conclusion, firmly)

・どんなトピックに対応しやすい


この様にテンプレートを活用して、少しずつ得点アップを重ねれば、英検二級合格への道も開けてくると思います。






英検英作文専門添削教室は、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としております。 講師は英検の英作文添削のプロが行なっております。費用は英作文添削にかかるだけ。入会金・維持費・その他一切の費用は不要です。


bottom of page