top of page
検索

英検英作文の書き方のコツ      英検準二級②

前回からシリーズとして、英検準二級の英作文に焦点を当てて、英検英作文の採点基準を参考に、その書き方のコツ・ノウハウを記しています。


第一回目は採点基準の1)内容の面から書き方を記しました。

英作文の長さを50 - 60語彙前後にする為にも、グレーな意見は避け、分かり易く、必要に応じて具体例を挙げながら、説得力のある英文にすることを推奨しました。


では、英検準二級の過去問題で、英作文の"QUESTION" にはどんなものが出題されているでしょうか?


過去問題の"QUESTION" は大きく分けて三つに分類されます。

学校の勉強に関する事・衣食住の食/住に関する事・娯楽関連、の三つです。


衣食住のうち、「衣」に関するものが出題されていない事や、「学校」に関するQUESTION が多い事から、近い将来に学校の「制服」の是非等に関しての"QUESTION" が出題される可能性もあります。


いずれにしましても、日常生活に結び付くQUESTION が多いと言えます。


学校の勉強関連では、英語学習を始める年齢や、プレゼン学習の必要性、グループ学習 VS 個人学習などのQUESTIONで、

食・住関連では、一軒家 VS 賃貸や、外食 VS 家庭での食事、ファストフードレストランの是非などのQUESTION が課されています。


難しい内容にする必要はありませんので、繰り返しになりますが、自分の意見を明快に、

具体例を交えながら、平易な文体や語彙でも構いませんので、一定の時間内で書ける準備をしておくことが肝要です。


日頃に英語学習時から、単語の意味だけを覚えるのではなく、例文を使って、単語を使えるように、つまり英文にすることができる様に心がけておくことです。


次回は採点基準の2)構成について記載していきます。






英検英作文専門添削教室は、英検英作文の添削に特化したサービスで、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としております。

講師は英検の英作文添削のプロが行なっております。

費用は英作文添削にかかるだけ。入会金・維持費・その他一切の費用は不要です。


Comments


bottom of page