top of page
検索

英検英作文のTOPICへの対応②


英検試験の英作文問題で課題として与えられる様々なTOPICに対応できるように、引続き、社会現象に関する記事に使われた表現などを紹介致します。


時事問題に強くなり、同時に英語表現も学んで、英作力を向上させましょう。


・Data-faking-club

A, B, and C join data-faking club.


A, B, Cは具体的な社名でしたが、ここでは差し控えます。

  悲しい事ですが、データ改竄のニュースが多いですね。

職業倫理や企業の社会的責任などのトピックが英検英作文の課題として出題される可能 

  性も低くはありません。


  "fake" は最近では "fake news" の形で使われることが多いですね。

  いずれにしましても好ましい事ではないですね。

 


・Doping, Performance-enhancing drug

"I have never intentionally taken any banned drugs."


ドーピング検査で陽性になった選手のコメントとして紹介されていました。


  "intentionally"という副詞の使い方は参考になりますでしょうか。

  ドーピングやスポーツマンシップ・倫理なども英検試験の英作文トピックになる可能

  性があります。



・The banned substance was in hair growth medicine he had been using.

増毛剤はhair growth medicineという表現が使われていました。


色々な意見に触れて、様々な英作TOPICに対応できるようにしましょう。

英検試験合格への道筋です。


https://www.eiken-eisaku.com/





英検英作文専門添削教室は、英検英作文の添削に特化したサービスで、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としております。

講師は英検の英文添削のプロが行っております。

費用は英作文添削にかかるだけ。入会金・維持費・その他一切の費用は不要です。

Comments


bottom of page