top of page
検索

英検英作文問題対処のコツー構成⑥


英検の英作文問題に対応する為のコツの一つとして、前回までは1) 4つのパラグラフから成る英作文とする、2) 第一パラグラフ(意見表明部)で使える汎用表現(テンプレート)を利用する、3) 第四パラグラフ(結論部)で使える汎用表現(テンプレート)を利用する、ことを記しました。


今回は第二・第三パラグラフ(意見根拠・理由部)の書き方について考えたいと思います。


まずは英検準一級の英作文から。


英検の過去問題のTOPICを見てみると以下の傾向があることが分かります。

a) (社会)経済に関するTOPICが多い。

b) POINTの一つに"Cost"が挙げられる事が多い。

c) POINTの一つに"Globalization"が挙げられる事が多い。


このことから、どんなTOPICが与えられても対応できるようにする為には、COSTを上げる/又はCOSTを下げる要因を英語で表現する練習をしてことが大切です。


例えば

・Advancement in technology will surely lower the cost of・・・(・・部は与えられた

TOPICに応じて記載) , making it possible to address the issue in the above-mentioned

way.

又は、

・Severe labor shortage will make ・・ more costly, which will create unfavorable

circumstances to tackle the challenges.

(・・部は与えられたTOPICに応じて記載)。

TOPICに応じて調整は必要ですが、幅広く使えるのではないでしょうか。


又、上記は無生物主語、分詞構文、分詞、make A B, 関係代名詞などを含めており、英検英作文の4つの採点基準の一つである「文法(文構造のバリエーションを問われる)」部対策にもなり得ます。つまり、この部分での得点アップに繋がる可能性を高めます。


https://www.eiken-eisaku.com/




英検英作文専門添削教室は、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としています。


講師は英検の英作文添削のプロが行なっており、テンプレートや英作文の書き方のコツをまとめた資料も豊富に取り揃えています。


費用は英作文添削にかかるだけ。入会金・維持費・その他一切の費用は不要です。

Comments


bottom of page