top of page
検索

英検英作文書き方対策とコツやノウハウ

英検試験合格への近道として、英作文の書き方のコツを学び、高得点を目指すことが欠かせません。(丁寧さ随一の完全無料添削体験を、HPにて絶賛受付中です。英語表現だけでなく、英作文内容の説得力やわかりやすさ等の改善を含めた添削となっています。)


英作文問題が含まれる英検3級以上では、英作文への配点は読解・リスニングと同じである事からも、英検試験合格に対する英作文の重要性は言うまでもありません。


英検試験の英作文問題に対する採点基準は次の①~④の4つです。


①内容:課題で求められている内容となっているか。

②構成:英文の構成や流れが分かり易く、論理的であるか。

③語彙:課題に相応しい語彙を正しく使用しているか。

④文法:文の構造はバリエーションに富み、且つ正しく使用されているか。


これら英検英作文の採点基準も踏まえ、英語らしい語彙などを含んだ表現で、英検の英作文問題対策としても活用できそうな文章を日々、ご紹介しています。


英検試験に特化した英作文の書き方として、御参考になる部分が少しでもあればうれしく思います。

(大変お得な、無料の体験英作文添削サービスもホームページにて受付中です。)



< milestone > 「画期的事件」   < overconsumption > 「過剰消費」

< resources > 「資源」


英検試験の英作文問題では社会性に富んだトピックが頻繁に出題されます。

特定の問題に対して、各自の考えや意見を求められます。


英検試験の英作文は、通常最初のパラグラフで自分の意見を述べ、その後その意見の裏付け理由を説明、最後の結論を述べる構成が一般的です。


上記の構成のうち、意見裏付け理由を説明するパラグラフで、使用できそうな語彙や表現です。


As we reach this milestone on Nov.15, most experts say the bigger problem is the overconsumption of resources by the wealthiest residents.

(2022年11月8日付け AFP-JIJI の記事からの抜粋です。)


milestone, overconsumption, resources, wealthy residents 等が英検英作文問題の採点基準の一つである「語彙」部での得点アップ対策に繋がりそうです。


接頭語の "over-" は英検1級・英検準1級の英作文内で、便利に使えます。


最上級が、英検試験英作文問題の採点基準の一つである「文法」部での、得点アップ対策となり得ます。



英文記事の読解は、英検1級、英検準1級の英作文問題対策のみならず、読解問題やリスニング問題対策としても有効です。


英検試験の英作文書き方対策として参考になる部分があれば幸いです。


英作文添削は英文エッセイにおける各自の長所・短所を見極め、英作文力を向上させるのに役立ちます。


又、英文添削は、英検試験合格に向けた英作文問題の得点アップに効果があります。


英検英作文専門添削教室では、手書き英作文を写真やカメラで撮影したものを基に、添削サービスをご提供する事も可能ですので、手軽に始めることができます。


WEB上でご利用できますので、感染症防止等に役立つと同時に、通学にかかる費用・時間も節約できます。


英語の表現にとどまらず、英作文の内容・説得力・わかりやすさも添削の対象とした、

非常にお得で特典盛りだくさんの、完全無料添削サービスもHPにて受付中です。



英検英作文専門添削教室は、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としています。

(英語に関するどのようなお問合せでも、ホームページの「お問合せ」フォームからご質問 

 下さい。)


講師は英検1級を保持した英検英作文添削のプロが行なっており、テンプレートや英作文の書き方のコツ・ノウハウをまとめた資料も豊富にご提供しています。


英語の表現にとどまらず、英作文の内容・説得力・わかりやすさも添削の対象としており、

受講生の方の満足度は95%以上。


英作文問題の得点大幅アップや英検試験合格の吉報も、受講生の方から多数頂いています。


コストパフォーマンスが非常に優れ、費用は英作文添削にかかるだけ。

添削内容は非常に充実しており、手書き英作文も受け付けていますので、英検試験本番に近い試験対策となります。


又、入会金・維持費・その他一切の費用は不要です。


完全無料の体験添削をHPにて受付中です。 https://www.eiken-eisaku.com/


Comments


bottom of page