top of page
検索

英検英作文 書き方のコツとヒント

2023年7月7日付の The New York Times 掲載の記事 (タイトル:Crossroads for falsehoods and free speech)に、英検英作文対策として参考になりそうな文章がたくさんあり、回数を分けていくつかを抜粋して共有しています。 表現の自由や虚偽情報は、英検1級・英検準1級の英作文トピックに取り上げられる可能性があります。

関連表現の学習は、英検英作文問題対策として有効です。 尚、記事内容の賛否を論じるものではありません。英語表現の参考としてのみお読み頂ければ嬉しいです。 今回は第2回目で、前回の文章の続きを紹介致します。 The final outcome・・alter how far the government can go in trying to prevent the spread of potentially dangerous information, particularly in an election or during emergencies like a pandemic. outcome, alter, spread, particularly, emergencies, pandemic などは英検英作文問題における採点基準の「語彙」部での得点アップに効果がありそうです。 疑問詞節、前置詞 + 動名詞は、英検英作文の採点基準の一つである「文法」部での得点アップに寄与しそうです。 もちろん英字新聞と同等レベルの英作文を書く必要はありませんが、英検試験の英作文書き方対策として参考になる部分があれば幸いです。 英作文添削は英文エッセイにおける各自の長所・短所を見極め、英作文力を向上させるのに役立ちます。


又、英文添削は、英検試験合格に向けた英作文問題の得点アップに効果があります。


英検英作文専門添削教室では、手書き英作文を写真やカメラで撮影したものを基に、添削サービスをご提供する事も可能ですので、手軽に始めることができます。


WEB上でご利用できますので、感染症防止等に役立つと同時に、通学にかかる費用・時間も節約できます。


英語の表現にとどまらず、英作文の内容・説得力・わかりやすさも添削の対象とした、

非常にお得で特典盛りだくさんの、完全無料添削サービスもHPにて受付中です。



英検英作文専門添削教室は、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としています。

(英語に関するどのようなお問合せでも、ホームページの「お問合せ」フォームからご質問 

 下さい。)


講師は英検1級を保持した英検英作文添削のプロが行なっており、英検1級テンプレート・準1級テンプレート・2級テンプレート・準2級テンプレート・3級テンプレートを含め、英作文の書き方のコツ・ノウハウをまとめた資料も豊富にご提供しています。


英語の表現にとどまらず、英作文の内容・説得力・構成・わかりやすさも添削の対象としており、受講生の方の満足度は95%以上。


英作文問題の得点大幅アップや英検試験合格の吉報も、受講生の方から多数頂いています。


コストパフォーマンスが非常に優れ、費用は英作文添削にかかるだけ。

添削内容は非常に充実しており、手書き英作文も受付けていますので、英検試験本番に近い試験対策となります。


又、入会金・維持費・その他一切の費用は不要です。


完全無料の体験英作文添削をHPにて受付中です。 https://www.eiken-eisaku.com/



Comments


bottom of page