top of page
検索

英検1級英作文 書き方のコツやヒント

かなり前のことですが、The New York Times紙にファイスブック共同設立者である Chris Hughes 氏提案の最低所得制度に関する記事が掲載されていました。 日本を含め、世界各地で格差問題が深刻になりつつある中、同問題に関するトピックは英検1級の英作文問題トピックとして課される可能性もあります。 2023年度には、社会福祉に関するトピックもあって、その関連性は小さくありません。 関連表現や背景知識は、英作文を書く上で、参考になると考えられます。 記事は長いので、回数を分けて抜粋して、皆様と共有していますが、今回はその続きです。

Mr. Hughes is one of the co-founders of Facebook, for which he did "three year's worth of work for nearly half a billion dollars," as he put it, emphasizing the extreme nature of his success. He and Mark Zuckerberg were roommates at Havard, and early on, Mr. Hughes ran the company's communication and marketing department. 記事の前半ですので、最低所得制度自体に関する内容は後になりますが、co-founders, worth, emphasize, extreme nature, communication and marketing department, nearly 等の語彙は参考になると思います。 又、emphasizing の部分の分詞構文も、英検英作文の採点基準の一つである「文法」部での得点アップ対策の一つとなり得ます。 https://www.eiken-eisaku.com/  

(丁寧さが随一、英作文内容の説得力やわかりやすさ等も改善できる、

 無料添削体験をHPにて受付中です。)



*英語に関するどのようなお問合せでも、ホームページの「お問合せフォーム」にて、随

 時受付中です。


英作文添削は英文エッセイにおける各自の長所・短所を明確にし、ライティング能力を向上させる為にも有効です。


又、英検試験合格に向けた英作文問題の得点アップに繋がります。


英検英作文専門添削教室は、英検1級、英検準1級、英検2級、英検準2級、英検3級のライティング対策を専門としています。


講師は英検1級を保持した英検英作文添削のプロが行なっており、英検1級のテンプレート・準1級のテンプレート・2級のテンプレート・準2級のテンプレート・3級のテンプレートに加えまして、英作文の書き方のコツをまとめた資料も豊富にご提供しています。

手書きの英作文でも添削可能ですので、実際の英検試験対策として非常に有効です。


英語の表現だけでなく、英作文内容の説得力・わかりやすさ、構成、使用語彙、文法事項等も添削対象とした、質が高く、極めて実践的で新しいタイプのサービスをご提供しています。


加えて、英作文の診断や、英検英作文採点基準に沿った採点も行なっています。

コストパフォーマンスに非常に優れ、費用は英作文添削にかかるだけ。

入会金・維持費・その他一切の費用は不要。


しかも受講生の満足度は95%以上です。 多くの受講者の方より、英作文問題の点数アップ・英検試験合格の吉報を多数頂いています。

高品質の英文添削をお考えであれば、英検英作文専門添削教室までご連絡お願い致します。



Comentarios


bottom of page